糖尿病の症状「三消」を気功理論ではどう考えるか?東洋医学的に考察してみよう!

現代病の一つである糖尿病。

昔の中国でも糖尿病があったことが古典の文献からわかっています。

昔の人は糖尿病のことを「消渇」と言っていました。

糖尿病の症状「三消」って何?気功理論と東洋医学的考察

糖尿病の方はわかると思うのですが、消渇の症状としては喉が渇いておしっこがいっぱい出ます。

体の水分がどんどん外に出て行く、だから消えて渇くという漢字で成り立っています。

そして三消というのは体を上中下にわけて症状を分析し、上半身の症状を「上消」お腹の症状を「中消」下半身の症状を「下消」と読んでいました。

その三つを総称して「三消」というのです。

詳しい解説は動画をご覧ください。

記事が役に立ったらぜひシェアボタンを!


自分のペースで自由時間にオンラインで気功を学べる!

オンラインで気功を習得したいあなたのために!
運気が上げて引き寄せパワーを得たい
うつな気分を発散させたい
やりがいのあることを見つけたい
クリエイティブに仕事をこなしたい
いつまでも若々しく健康でいたい

そんな方にもオススメです!