もともと気功は道教のお坊さんたちのもの

「気功」という言葉は文化大革命以降、中国共産党によって作られた言葉です。

もともとは道教のお坊さんのもので、「導引」「布氣」と言っていました。

つまり気功はもともと道教という宗教の修行法だったのです。

気功は道家のもの

気功のルーツは道教です。

少なくとも私が習った気功は伝統的な道教系の気功の流派です。

でも宗教じみた儀式などは一切なく、ツボなども買わされることもありません。

お金の献金を強要されたりなどはありません。

自由奔放な人たちばかりで楽しいです。

気功はそのような楽しい空間に囲まれて練習する方が圧倒的に効果が出てきます。

もしかすると昔の道教のお坊さんたちも楽しんで笑いながら気功を実践していたかもしれませんね。

記事が役に立ったらぜひシェアボタンを!




あなたのリミッターを外します
気功とコーチングのコラボセミナー開催!

2月10日(土)埼玉県川越市にて少人数セミナー開催が決定しました!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です