楽観主義オプティミストになろう「抑圧とコントロールをやめる」

あなたが病気になった時や、親しい人が苦しんでいる時ほど楽観視できない時はありません。

しかし医療従事者や患者さんは根拠なく楽観主義になる方が良い結果を招くことになります。

それは病が自己表現であり、それを認めることからしか病気が治癒へと向かわないからです。

抑圧とコントロールをやめる!

生命の法則として、気が滞ると病気になりやすいのです。

滞りは心の滞りや感情の抑圧などが原因で気が滞るのです。

これを解消しない限り病が治る確率は極めて低いでしょう。

ではどうすればいいのか。

答えは、抑圧している感情を認めてあげ、肯定してあげることから始めることです。

体の声にしたがってコントロールしようとすることをまずはやめてみることなのです。

記事が役に立ったらぜひシェアボタンを!


自分のペースで自由時間にオンラインで気功を学べる!

オンラインで気功を習得したいあなたのために!
運気が上げて引き寄せパワーを得たい
うつな気分を発散させたい
やりがいのあることを見つけたい
クリエイティブに仕事をこなしたい
いつまでも若々しく健康でいたい

そんな方にもオススメです!