鼻血は気功で良くなりますか?東洋医学からみる鼻血の重要な役割

鼻血が出て困っている方で、病院に行ってみてもらった方は、大抵が器質的疾患はなく、毛細血管が傷つきやすい状態であると診断されるようです。

鼻の粘膜を焼くという手術を薦められるようですね。

病的な鼻血ももちろんありますが、現代人のほとんどが生理的な鼻血が多いです。

今回は東洋医学から見た鼻血に対する考え方をご紹介します。

東洋医学的な鼻血に対する理解が構築できれば、次に鼻血が出た時には不安感は一掃されます。

出血の大切さ

東洋医学では生理的な鼻血のことを『紅汗』と言います。汗をかくことは健康的なイメージがありますよね。東洋医学でも鼻血は紅い汗として生理的な作用として考えていたようです。

つまり鼻血は病的なものとして捉えないので、むしろ出したほうがいいと考えます。

あえて出血させる治療法も世の中には存在します。

北京オリンピックで金メダルをたくさん獲得したマイケルフェルプスは、吸い玉療法(カッピング)のあとが体のあちこちに見れます。

また血流を改善させるために、わざわざ出血させる治療法は刺絡療法として知られています。爪の根元にある『井穴(せいけつ)』というツボから血を出す療法です。

出血すること、鼻血を出すという現象は必要な反応なのだ、と古代中国の先生達は考えたのです。

鼻血が出ているということは体の自然な治癒反応なんだ、とマインドセットすることが大切ですね。

まとめ

  • 器質的疾患のない鼻血はそのほとんどが生理的反応として東洋医学ては考える(『紅汗』)
  • あえて出血させる治療法として吸い玉療法や刺絡療法が古代から伝わっている
  • 鼻血も治癒反応である

以上のようなことを知っているだけでも、無駄に不安がったりする必要はなくなってくるので、冷静に対処できると思います。

何か参考になれば幸いです。

記事が役に立ったらぜひシェアボタンを!


今なら会費がお得!オンラインで気功を学べる!

オンラインで気功を習得したいあなたのために!
運気が上げて引き寄せパワーを得たい
うつな気分を発散させたい
やりがいのあることを見つけたい
クリエイティブに仕事をこなしたい
いつまでも若々しく健康でいたい

そんな方にもオススメです!





健康と若さをインストール!
プライベート養生気功レッスン

熟眠効果
美肌効果
筋肉や内臓の疲れ解消
骨格の歪み改善
姿勢改善
トラウマ解消
若返り効果
IQアップ
終わりなき日常から覚醒し、自由な人生を謳歌する翼を差し上げます!







気功師養成講座
秘伝気功クラス

家族や子供を愛し続けたい
社会という荒野を自由に駆け巡りたい
金銭的な不安を取り除き、好きなことをやっていきたい
いくつになっても衰えることを知らない若々しさを保ちたい
新しい知識をどんどん吸収したい
予見する力を身につけ社会での自分の役割を全うしたい
一生困らない人間関係の極意を身につけたい

秘伝気功をマスターし、喜ばれる存在としていきていきましょう!