気功が効果的な疾患と効果的でない疾患はありますか?

気功には効果的な疾患とそうでない疾患があるのでしょうか?

この判断基準って重要ですよね。

代替療法を利用するときの参考にもなりますし、いつ現代医学を利用すればいいのかを冷静に判断することもできます。

また気功の幅広い効果への期待と、これからますます気功が必要だということも理解できる内容となっています。

気功が効果的な疾患とは?

まず病気の原因は外傷・毒・思考です。

現代医学は外傷と毒による疾患に対して素早く適切に処置することができます。

しかし生活習慣病をはじめとする慢性病の原因のほとんどは思考、いわゆる慢性ストレスが原因なのです。

こちらは気功をはじめとする代替療法が得意とするところです。

予防医学としても有効です。

そして現代の病気はほとんどが慢性ストレスが原因で起きているので、ほとんどの疾患に気功が対応できるということも頭に置いておくと良いでしょう。

記事が役に立ったらぜひシェアボタンを!


自分のペースで自由時間にオンラインで気功を学べる!

オンラインで気功を習得したいあなたのために!
運気が上げて引き寄せパワーを得たい
うつな気分を発散させたい
やりがいのあることを見つけたい
クリエイティブに仕事をこなしたい
いつまでも若々しく健康でいたい

そんな方にもオススメです!