痛みの原因を東洋医学から読み解きます!

西洋では温痛覚を司る受容体が脳へと情報伝達しているなどで説明していますが、
東洋医学では痛みの原因をどのように考えているのでしょうか?

東洋医学のバイブルである黄帝内経(こうていだいけい)から読み解いていきます。

黄帝内経から痛みの原因を解説!

中国の古典に黄帝内経があります。

気の理論が体系だてられたこの書には痛みの原因についても言及されています。

ポイントは二つで「不通則痛」と「不営則痛」です。

シンプルですが気の世界を端的に表し、
痛みの原因を読み解くための重要な概念です。

気が滞るか不足するかのどちらかで痛みが出ると言うのです。

記事が役に立ったらぜひシェアボタンを!




健康と若さをインストール!
プライベート養生気功レッスン

熟眠効果
美肌効果
筋肉や内臓の疲れ解消
骨格の歪み改善
姿勢改善
トラウマ解消
若返り効果
IQアップ
終わりなき日常から覚醒し、自由な人生を謳歌する翼を差し上げます!







気功師養成講座
秘伝気功クラス

家族や子供を愛し続けたい
社会という荒野を自由に駆け巡りたい
金銭的な不安を取り除き、好きなことをやっていきたい
いくつになっても衰えることを知らない若々しさを保ちたい
新しい知識をどんどん吸収したい
予見する力を身につけ社会での自分の役割を全うしたい
一生困らない人間関係の極意を身につけたい

秘伝気功をマスターし、喜ばれる存在としていきていきましょう!