仏教を学ぶと気功が上手になる理由について

仏教と気功が関係あることは意外と知られていません。

しかし同じ東洋思想としてみれば共通することがあって当然です。

そして何よりも気功では清らかな心が良い気を生み出すと考えるので、心を育てる宗教である仏教は気功の実践では必要不可欠となってきます。

仏教を基盤として気功を実践した方がいい理由について

自然治癒力を上げるためにいい気を出すには、ピュアな心であることを理想とします。

仏教的にいえば、慈悲の心であり、無我の心です。

真言密教でいえば、小さな我に固執した幸せではなく、生きとし生けるものみんなが幸せになるための欲望を養っていくことです。

その心が育っていくときにとてつもない生命エネルギーを生み出すことができ、病気が治癒し、願望が実現するのです。

そのために仏教を学ぶことが気功実践者にとって大変メリットがあるので、あなたには仏教を学ぶことをお勧めします。

記事が役に立ったらぜひシェアボタンを!




あなたのリミッターを外します
気功とコーチングのコラボセミナー開催!

2月10日(土)埼玉県川越市にて少人数セミナー開催が決定しました!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です