美容気功で10歳若返る!小顔効果や肌ツヤが良くなる気功法

 

年齢とともに進んでいく老化は、
生きている以上避けられない事実ではあります。
忙しさやストレスにさいなまれる環境だと、
健康にもお肌にも悪いですよね。

気功には美容気功という言葉があるぐらい、
若返り効果が高く、
おまけにダイエット効果と相まって小顔効果まであります。

当たり前と言えば当たり前なのですが、
本当の意味での健康が得られれば、
若返ったり肌のツヤが良くなるのです。

実際施術を行うと顔の血色が良くなりますし、
気功師仲間の皆さんは若者のようにとても元気です!

美容のために必要な化粧水やファンデーションなどももちろん大事ですが、
まずは自分の細胞を若返らせるための方法を伝えていきたいと思います。

一番やっていただきたいのは、ぷるぷる体操

 

基本はやはり全身の血流を改善することですから、
細胞全部を振動させるぷるぷる気功の実践はオススメです。

それと同時に、
より美容に特化するには、

・胸と背中
・首と肩

の血流を改善することがポイントです。

ぷるぷる気功のコツとしては、
膝を上下動して全身をぷるぷるするのではなく、
両腕を振動させた結果、
全身が動いてしまう、
という意識で行うと、
信じられないくらい首や肩の凝りが解消します。
その結果として、

首や肩の血流改善→顔面や頭部の血流促進→美肌、小顔効果アップ

となるのです。

笑顔に勝る化粧なし!

動画でも少し触れていますが、
笑顔でぷるぷるを行うことも、
美容にとっても大切なことになってきます。

作り笑いでもいいから、
笑顔になると、
全身が緩みます。
いかつい顔で真面目に気功をやっても体の緊張は取れません。

それよりももっと大事なことがあります。

笑顔は印象がいい、
ということです。

いくら有名なメイクアップアーティストが世界一の化粧を施しても、
メイクされた本人がむすっとした表情のままでは全然美しくありません。
せっかくのメイクも台無しだと思いませんか?

「笑顔に勝る化粧なし」

という言葉は、
私が高校時代にある有名な方が学校に講演にいらした時におっしゃっていた言葉です。
高校生ながらなるほどな、
とうなづきました。

美容にいいのはニコニコ気功(笑)

いつも笑顔を絶やさない人は、
年齢に関係なく若々しく見えてエネルギッシュです。
無理して笑顔を作るというよりは、
笑顔で過ごさずにはいられない、
という自分の状態を作ることが最も重要なのです。

そのためには、

・いつも感謝の念を忘れないこと
・生きがいを持っていること
・本当に自分を理解してくれる仲間がいること

などが美容にとってもいい影響を与えます。
結局はストレスなく精神衛生を良好に保っていれば、
健康はもちろんの事、
美容にもいいし、
人生もうまくまわるようになるのです。

何もかもがうまくまわるためのツールが気功

人生において悩みや不安はつきものですが、
気功の実践によって、
そんなのは考え方次第だ、
ということが実感できてきます。

頭で理解するというよりは、
身体で理解できるという感覚です。

なぜだかわかりませんが、
そのような感覚が身についてくると、
途端に皆さん若返るのです。
こればっかりは科学者に研究していただきたいのですが、
人間は、
意識が変わることで若返るのです。

心の変化が体にも現れてくるので、
心と体は同じものなのです。

美容も、
心の状態が現象化されたのが体なのですから、
その辺りを意識して、
自分を見つめ直すということから始めるのが、
美への近道なのです。

まとめ

美容のために必要なことは、

・ぷるぷる気功で全身の血流改善
・笑顔で過ごすことで美容効果倍増
・意識が変わると体も変わる

この三つを意識して気功の実践をしてみてください。
間違いなく10歳は若返ります。

そして、
気功は頭で理解しただけでは効果はありません。
やっぱり体に落とし込んでいく作業が必要になってくるので、
そこは私がしっかりサポートいたします!

記事が役に立ったらぜひシェアボタンを!




健康と若さをインストール!
プライベート養生気功レッスン

熟眠効果
美肌効果
筋肉や内臓の疲れ解消
骨格の歪み改善
姿勢改善
トラウマ解消
若返り効果
IQアップ
終わりなき日常から覚醒し、自由な人生を謳歌する翼を差し上げます!







気功師養成講座
秘伝気功クラス

家族や子供を愛し続けたい
社会という荒野を自由に駆け巡りたい
金銭的な不安を取り除き、好きなことをやっていきたい
いくつになっても衰えることを知らない若々しさを保ちたい
新しい知識をどんどん吸収したい
予見する力を身につけ社会での自分の役割を全うしたい
一生困らない人間関係の極意を身につけたい

秘伝気功をマスターし、喜ばれる存在としていきていきましょう!