否定的な意見や見解はスルーすること、否、認めないこと

・とてつもなく悲しいこと

私は、
医療や介護が連携するような現場で、
主に高齢者の患者さんに携わっていた期間がありました。
その時に一番強く感じたことを告白します。
患者さんにとっては、
ある意味当たり前の事実かもしれませんが、
私は日本の医療の大問題であると、
声を大にして言わざるをえません。
非常に残念な事実でした。

それは、
一番患者さんが信頼している主治医の先生が、

「あなたの病気は治らないよ」

と平気で言ってしまえる空気、
そしてそれを簡単に認めてしまう患者さんの姿でした。

お医者さんとしては、
インフォームドコンセントと言って、
患者さんに病気の説明をする責任があります。
現在の病気の具合や、
病状の説明などを細かく言う必要性は大変重要なことではあります。
しかし、
将来どうなるかまで言及する責任まではありませんし、
わかりもしない未来のことを医師が言う筋合いはありません。
臨床という現場を深く考えず、
医学部や研修医期間中に教わった通りに盲目的に従っているようでは、
臨床医として失格です。
基本的に自分で考えて行動するということができていませんし、
余計なお世話です。
そして、
自分で考えて行動するように教育されてこない、
若いお医者さんは本当にかわいそうです。

最初は本当に患者さんの役に立てるように、
死に物狂いで勉学に励んでいたはずです。
それを医学部教育やインターンで、

「これしか正解がない」

という盲目的なメッセージを数年間叩き込まれた医師は、
善意で行っているつもりが、
患者さんの本当の役には立っていないという事態が起こってしまうのです。

・モラルの低い医師が多いという前提に立ちましょう

最初はそこにもがき苦しみ、
様々な選択肢を模索しますが、
巨大な組織の中で個人の非力さを感じ、

自分の生活のため、
自分の家族のために、
医師というビジネスを切り盛りするしか生きる道がなくなってしまうのです。

点滴を口から飲むよりは、
注射で処方する方が年収が10倍違ったり、
診療報酬の高い薬を使いたくなる気持ちは、
その事実を知れば、
家族や自分の生活を優先させる方法を選ぶ気持ちはわかります。

がしかし、
厳しい言い方かもしれませんが、
そのような意識の医師は、
患者さんを診る資格はありません。
国家資格者であったとしても、
どの医療系国家資格者よりも勉強していたとしても、
医療現場に携わる資格はありません。
診療報酬制度がどうのこうのという言い訳は、
患者さんにとっては関係ありません。

その一方で、
現代医学だけにとどまらず、
様々なアプローチ方法で患者さんと接している情熱ある医師もいます。

医師は病気の専門家ではありますが、
健康の専門家ではありません。

あなたは医師の現状をしっかりと理解した上で、
対等な関係で医療機関を利用しなければなりません。
医師もあなたと同じ人間であり、
家族を支える父であり母でもある、
どうしても逆らえない組織に属するものでもあるのです。

鋭い刃物で切り刻むような物言いをしてしまいましたが、
とれほど問題が深刻化しているかが、
感覚的に理解していただければいいです。

・国や制度、医療機関のモラルが低いなら、私たちが賢くなるプロセスが必要

そのような環境の中で、
あなたはどのように自分の病と取り組んでいけばいいのでしょうか。

答えは簡単で、
否定的な見解を言う医師や療術家と付き合わないことです。
あるいは、
まず挨拶するときに、

「あなたの否定的な見解は受け付けません」

と宣言してください。
医師であれば、

「あなたの病気を治すためにあらゆる手段や知識を提供します」

と宣言してください。
そのように宣言しておけば、

「あなたの病気は治りません」

という言葉は絶対出てくるわけないのです。
約束が違いますから。

医療機関に関わらないという選択肢ももちろんあります。

医師との建設的な関係を築くことができればいいのですが、
そのためには自分の考えをしっかりと主張し、
理解してくれる医師であることが前提条件です。

というか当たり前なんですがね。

・病気を治すことができるのはあなたしかいない!

あなたには、
治す力、
癒す力がもともとあるのです。
それを医師は理解していることが前提なのです。

「なんか奇妙なことをやってるけど、
効果があるなら続けたまえ!」

と言ってくれる医師であれば大丈夫です。
あなたをしっかりと応援してくれる医師との建設的な関係を持ってください。
それだけでも心の支えにもなります。

私は医療機器で検査したり、
血液をとって成分を測ったりすることはできませんが、
医療機関はできます。

私がみていた乳がんの患者さんは、

調子が良くなってきたから検査してみたら、
腫瘍マーカーが正常値になっていました。
がんを克服したのは患者さん自身の自然治癒力ですし、
腫瘍マーカーが正常値になったことを確認したのは医療機関です。
どれも私にはできないことです。

まずは否定的な見解を言わない医療機関と建設的な関係を持つこと。

そして私のようなエネルギー療法家や、
代替療法や伝統医療を行っている整体師や鍼灸師などを訪ねるようにしましょう。
ちなみに海外では、
鍼灸師や指圧師はエネルギー療法家の部類に入っています。

病気の現状を把握するために医療機関と同盟を結び、
健康のために療法家を味方につけることで、
あなたの治癒のスピードもますます早くなることでしょうし、
精神的にも安心感が増すでしょう。

その第一歩として、
否定的な見解を認めないようにすることを提案いたします。

そして、
もしも医療機関や医師を利用する際は、
賢く利用していきましょう。
決して医師任せ、
医療機関任せにしないようにすることが、
心構えの一つとしてあったほうが良いのです。

記事が役に立ったらぜひシェアボタンを!




あなたのリミッターを外します
気功とコーチングのコラボセミナー開催!

2月10日(土)埼玉県川越市にて少人数セミナー開催が決定しました!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です