気功療術後に足の腫れがひいていました!外傷後の回復を早める気功

今回紹介いたします患者様の感想は、外傷後の回復が早まった症例についてです。

部活の練習中に怪我をし、足が大きく膨れ上がったとのことで、病院では足の甲(リスフラン関節)の靭帯損傷かも、と言われ、親御さんと一緒に来院されました。

来院された時は松葉杖で片足でピョンピョンと飛びながら入ってこられましたが、現在は歩けるようになり、病院でリハビリの予定だったそうですが、リハビリしなくてもいいくらい回復したそうです。

患者様の感想

******以下、患者様の親御さんとのやりとりから引用******

******引用終了******

怪我をして3日後に来院されたのですが、その時は足の甲に腫れがあり、内出血の跡もありました。

その日の晩に親御さんが自宅に帰ってきてお子さんの足を見たら、腫れがひいており、皮膚の出血の跡も元に戻っていたそうです。

施術から二週間が経ちまして、病院でのリハビリを予定されていたそうですが、回復が早く歩けてもいるようなので、リハビリは無しになりました。

医師からの指示通り、RICE処置もしっかりと行い、ふくらはぎのマッサージもやっていたようですので、回復を早めたのでしょう。

記事が役に立ったらぜひシェアボタンを!




あなたのリミッターを外します
気功とコーチングのコラボセミナー開催!

2月10日(土)埼玉県川越市にて少人数セミナー開催が決定しました!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です