気功でめまい(眩暈)やふらつきが改善した例

今回ご紹介します患者様の声は、めまいやふらつきが改善した、というものです。気功は脳梗塞や精神疾患、耳鳴りや眩暈などの脳関わる疾患に非常に良く効きます。

それでは患者様の声をお聞きください。

気功の感想

気功は申し込んだ時点で効き始める

気功では、申し込んだ時点から気功施術が始まっています。気はイメージでもあり情報でもあります。お互いの意識という情報がインターネットを通して、あるいは電話を通して通信する事でも気は伝わります。常識では考えにくいかもしれませんが事実です。

******以下、体験者の声を引用******

スクリーンショット 2017-01-15 18.02.25

昨夜はありがとうございました。実は坂本さんのお話の中にもありましたが、1回目のメールを送信した時に不思議な体感があったのですが、緊張のせいかと思いきや、2回目も同じ体感があったのです。2回とも軽い感じだったので半信半疑だったのですが3回目はメールを送るとすぐに頭のてっぺんから無数の強い光が差し込んでくる感覚と共に肩やて、上半身がとても熱くなってきてびっくりしました。

そして昨夜10時を過ぎるとまたおなじ感覚がより一層強く感じ、横になっていたのですが不安を感じるくらいに頭から手にかけて熱くなってきて、じっとしていられないくらいでした。

その後はいつものように足がビリビリポカポカとし、左半身も前回同様軽くびりびりするくらいの感覚が続き眠りにつきました。症状は11日の時点で7、8割、今日は9割がた良くなりました。

あと追伸ですが夜中にものすごい腹痛に襲われ、恥ずかしい話ですがすごい量の通じがあったのです。偶然でしょうか?

スクリーンショット 2017-01-15 18.02.58

ありがとうございます。私は気功のことを勉強した事もなく、伝え聞いただけの知識しかありませんが、11日に何の先入観ももちあわせていない時に体感した状態と12日の体感が一致した事は、1年前には半信半疑だったのが、こんな事が実際に起こり得るんだという確固たる認識に変化しました。

******引用終了******

気功治療では回数を重ねていくごとに徐々に効果が増してくる

体験者の方は初めて気功を受けた時には「ほとんど何も感じない」ということでした。しかし気功の場合ですと今回の感想をお読みいただければわかる通り、2回目3回目が一番よく効きます。

初めての世界はどうしても慣れていないため戸惑ってしまいますが、少しずつ慣れていくうちに気功の世界に臨場感を感じやすくなります。結果的によく効きます。

また、気功が効いてくると、好転反応と言ってデトックス反応が出ます。便だけではなく、咳やくしゃみ、あるいは発汗といったような「出る」反応が起きることがあります。でも心配はいりません。良くなる前兆なのです。

百聞は一見に如かず、ならぬ、百聞は一験に如かず。知識をいくら習得しても、それは物事に対する視点が増えるだけであり、本当の学びや理解ということになりません。学びや理解というものは不可逆的なのです。体験して初めて学びと理解になります。知識は必要ではありますが、学びや理解を得るための十分条件にはなりません。知識が学びを狭めてしまうこともあるのです。

今回の気功体験の感想からは、体験することの大切さを感じられるのではないでしょうか。

気功体験者の声をもっと知りたい方はこちら

記事が役に立ったらぜひシェアボタンを!




あなたのリミッターを外します
気功とコーチングのコラボセミナー開催!

2月10日(土)埼玉県川越市にて少人数セミナー開催が決定しました!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です